ターンオーバーがは早い場合の対策とは

ターンオーバーが乱れることにより、肌トラブルが引き起こされます。
この記事では、ターンオーバーが早い場合の対策について、説明しますね。
ターンオーバーが早くなる原因の多くは、紫外線やコスメなどの間違った利用にあります。

 

■ コスメなどのまちがった利用に注意
コスメやクレンジング剤、ピーリング剤などの中には、「肌の角質を除去する」役割のものが多数あります。
これらは確かに角質を除去してくれるのですが、やりすぎてしまうと肌のバリアとして必要な分の角質まで剥がしてしまったり、
損傷をきたすこともあります。
こうなると、未熟な細胞が表に現われてしまって、
外からのダメージに耐えられず、肌トラブルを起こすキッカケになってしまいます。

 

また、スクラブ入りのペーパーなどでゴシゴシこするのも同様の危険があります。
これは「角質なんて無ければ良い」という誤解から起こりやすいので、
「肌のバリアを作っているのは角質だ」ということを忘れないようにしましょう。
人為的なターンオーバーの早期化は未成熟な細胞をさらしてしまい、
肌を管理していく上で非常にリスクを伴いますので注意するようにしましょう。

 

 

【ターンオーバーを整えるには?】
ターンオーバーの乱れを引き起こす要因は、上記の外部要因だけではありません。
生活習慣の乱れが、私たちの体の正常な運行と機能を妨げています。
ですから、以下の点に注意してターンオーバーの機能を取り戻しましょう。

 

 

■ 血行改善
全身をめぐっている血液は、体の隅々に酸素や栄養分を送り、そして老廃物を運んで処理する役割を持っています。
この血の巡りがしっかりしていると、体にエネルギーが行き渡って正常に機能することができるのですが、
この流れが滞ってしまうと機能が十分に発揮されなくなります。

 

肌のターンオーバーに関しても同様で、細胞を作り出す元になる栄養分がなければ細胞を作ることができませんので、
血行を改善し、栄養成分を届けてあげることが大切です。
運動やマッサージなどで体をほぐしてあげたり、また温めてあげることで血流を良くすることが可能です。

 

また、普段から食事にも気をつけて、血液循環の流れを鈍くする中性脂肪や悪玉コレステロールを避けるようにし、
血液をサラサラにしてくれる食品を意識的に摂りましょう。

 

 

■ 睡眠習慣の改善
睡眠は体を休めるだけではなく、その機能を整える働きも持っています。
ですから、良質で十分な睡眠は体の機能を整える上で大事な役割を果たします。
私たちは体温が下がるときに入眠しやすくなっているので、
お風呂でいったん体温を上げておくと、その後に下がってきて寝つきが良くなります。
そして、ターンオーバーのゴールデンタイムは22時〜26時と言われていますので、
この時間に眠っていると成長ホルモンが分泌されターンオーバーが促されます。

 

 

このようにターンオーバー対策にはいろんな方法があります。
しかし、どれも難しいものではありませんので、毎日の習慣を整えて、本来の機能を発揮できるようにしてあげましょう。

 

 

◇見だつ場所にできるニキビで嫌われるのが鼻のニキビです。