ターンオーバーとは何?

エイジングケアのためには、ターンオーバーの知識は必須と言っても良いでしょう。
この肌のターンオーバーというのは、私たちの皮膚の中の表皮と呼ばれる部分が新陳代謝する様を表した言葉です。

 

皮膚になる表皮細胞は、肌の奥底で生成され、代謝を繰り返す中で肌の上層へと押し上げられていくのですが、
皮膚の表面まで出てくると角化して角質となり、身体を守る働きを行っています。
このようにしてできた角質は、最後には垢となって皮膚から剥がれ落ちていきます。

 

これが私たちの肌のできる仕組みであり、この一連の流れをターンオーバーと呼びます。
このターンオーバーが適切に行われていることで、
私たちの肌は丈夫かつ健康、そして美しい肌の状態を維持することができています。

 

 

ターンオーバーが行われることで、皮膚の表面にバリアを作り、
内部の細胞がダメージを受けるのを防いでいて、そのバリアが古くなると廃棄し、新しいものと入れ替えているのです。

 

ターンオーバーには部分差や個人差、年齢差がありますが、基本的な周期は28日前後だと言われています。
この周期とは、上記のように表皮細胞が生成されてから、垢となって剥がれ落ちるまでの期間を指します。
ですから、この表皮に限って言えば、約一ヶ月で完全に生まれ変わることになります。

 

 

しかしながら、加齢に伴ってターンオーバーの日数はだんだんと伸びていき、
35日、40日となっていきます。

 

加齢によってターンオーバーのサイクルが長くなることは自然なことであり、
これ自体が悪いことなのではないのですが、よく誤解されているようです。

 

ターンオーバーが悪い状態というのは、
ターンオーバー本来の目的である、健康的で美しい表皮の生成ができない場合です。

 

水分が不足した乾燥気味の肌、また紫外線などにダメージを受けやすい肌、
シワやたるみ、シミなどが出やすい弾力の弱い肌が生成される状態が良くないのです。
こうした肌が生成されると、肌トラブルが当然起こりやすくなります。